FC2ブログ

information

2/29

4/3名古屋 今池フレーバー
4/4名古屋 鶴舞KD Japon
4/13名古屋 鶴舞 K.D. japon (二人Jaaja)
4/16東京 三軒茶屋 グレープフルーツムーン
4/24大阪 谷六 ピンポン食堂
4/30名古屋 鶴舞 K.D.japon

時間、料金等詳細は http://jaajaevent.exblog.jp/ にて。

さて、3月末の関東ツアーをキャンセルさせていただいてしまったので、一昨日の日曜日に浜岡原発の停止を求める脱原発デモに、くみちゃんと葵ノと参加してきました。
生後4ヶ月の葵ノが多分参加者で最年少だったんじゃないかな。

僕たちはヨーロッパを旅行するたびに、環境保護や動物愛護やクルド人に関するのとか、東トルキスタン関係のとか、それこそ何度もデモに出くわすものだから、デモの意味みたいなものがなんとなく分かるんだけど、あまりお目にかかることの無い日本では、どうしても左翼の運動屋さんが騒いでるみたいに映ってしまうんじゃないかなって思っています。
この前のデモにはそういう風な人もいたし、子供連れのご夫婦がベビーカー押して歩いてたし、パンクスが踊ってたし、女子高生がいたし、ヨボヨボのシミだらけのお爺さんが杖突いて歩いてたし、キリンの格好した人もいたし、みんなバラバラで、でもみんな原発が怖い人ばかりでした。

今、日本中の人が不安でいっぱいで、世界中の人も不安でいっぱいで、ドイツでは25万人の人々が脱原発のデモに参加しました。
名古屋の脱原発デモは数百人でした。
皆デモの意義がよく分からないからだと思います。

たとえば選挙は、誰々が当選するといいなあって思ってても、それをみんなが思ってるだけで足を運んで投票しなきゃその人は当選しません。
それと同じで、原発も今みんなが嫌だなあと思ってても、思ってるだけじゃ原発は止まらなくて、ネットに書き込むだけでも止まらなくて、デモに参加して意思を表示すると、やっと脱原発の意識がネットを見ない人たちにも表立って見えてきて、それでも原発は止まらないのです。
原発のことが怖い人、不安な人は、一緒になって大きい声を出したりしなくていいし、プラカードも旗も持たなくていいし、ただうつむいて一緒に歩けばいいのです。
一緒に歩けなくて、原発が怖い人はデモ隊に微笑めばいいのです。
一般市民のこれだけの人が原発が怖いって態度を示してるよっていう事が表沙汰になれば、政治が変わります。
石原都知事みたいな原発を推進する人は票が取れなくなるからです。

僕もみんなと同じで、世の中の仕組み、裏事情なんて全然分からなくて、なんとなく不満はあるけど死ぬほどじゃないって、現状にドッカリ胡坐をかいて生活してた一人だから、どうするのが今ふさわしい行動か分からないけど、自分の子供の未来が危険に晒されてしまっていることなら感じ取れたのです。
だから子供が未来、住みよい世の中を作ってあげるためにできることはしないと、葵ノに何てわびたらいいのか分からない。

中には、毎日電気を使ってるくせに反対意思を表明するなんて矛盾してる、って言う人もいるかもしれません。
だけど、僕たちは毎月ちゃんとお金を払って電力会社から電気を買ってるお客さんである上に、電力会社は1つしかなくて、電力の供給元を選択する自由が無いのだから、クレームをつけてもいいんです。

僕は頭が良くなくて小難しいことは書けないんだけど、電力会社は信じられないくらいお金持ちで、広告費やら寄付金やらで、大企業やテレビ局や大学とかにとんでもない額のお金を渡しているらしく、つまり世の中を変えられる力や知識を持ってる人たちは、お世話になってる電力会社さんの不利になるようなことは簡単には出来ないし言えないそうなんです。

だったらもう、すごく腰も重いし、面倒だし、他にやらなきゃいけないことがいっぱいあるけど、僕たちみたいな何の力も無い人たちが集まってどうにかしないと、後々言いなりになった社会に、自分の大切な人が殺されてしまう可能性があるのです。
自分一人が死ぬならまだしも、自分の子供や恋人や友人が殺されたり、安心して子供を産めない体にされるかもしれないのは本当に嫌だ。

僕は音楽をやってて、その音楽の色味として、政治色やメッセージ性は表面的には分からないよう潜在的にほんの少しだけまぶしてるつもりで、絶対にポリティカルな印象は前面に出さないように気をつけてたのだけど、なんだかもう黙ってられなくて日記にこんなことをいっぱい書き連ねてしまったよ。
ついでに言ってしまうと「マッコウクジラとホルスタイン」という曲は、原発に対するプロテストソングみたいな側面もあったんだけど、それはずっと内緒のつもりだったし、まさか、本当にこんなことになっちゃうなんて。














  1. 2011/03/29(火) 04:02:03|
  2. 未分類|
  3. |
preview next