information

7.17

スウェーデンのツアーが終わって先ほどドイツに入国、今ライプツィヒのカリューっていう友達の家にいます。

スウェーデンのヨーテボリでは、島のフェスティバルに出たり、世界一臭い缶詰のシュールストレミングをじゅん君に開けてもらったり、湖で泳いだりしました。
そう、湖で遊ぶときこっちの人は男も女もまっ裸で平気みたいですごく健全だったよ。
破廉恥なのは自分の心だったと知りました。

ヒッチハイクでストックホルムに移動した時は、66年型のアメリカのすごい車や、沢山の犬を運ぶ車に乗せて貰ったけど、たどり着けなくて野宿もしました。
翌日長距離バスのおじさんが信じられないんだけど、お金要らないって言ってただでストックホルムまで連れてってくれた。

ストックホルムではマコトくんにお世話になり、ピクニックしたり路上で演奏したりして過ごしました。
レコード屋さんにCDも置かせてもらえました。
旧市街で演奏してる時に、若い男が投げ銭に入ってた100Kr札を盗ってしまいちょっともめたけど、マコト君が助けてくれた。
顔まで刺青を入れたマッチョな人で、なんだか寂しかったです。
何で弱い立場の人からお金を奪おうとするのかね。強さを誇示する人がそういう事をすることを知ってちょっと残念でした。
あと、去年コペンハーゲンの路上で、僕らの隣でパフォーマンスしてた白塗りの女性に、偶然別の町なのに再会できて嬉しかった。
彼女は喋らないピエロだから僕たちに気付いたかどうか分からないけど。

色んな町で色んな人のところにお世話になって、その全員が自分には真似できないくらい親切にしてくれます。
今日は僕の誕生日だけど、こっちにいる皆は今日の移動に疲れて忘れてそうです。


一緒に旅してる岡沢じゅん君なんだけど、こっちで色々奇跡を起こしてて面白いです。
スウェーデンのすごい有名なミュージシャンと知らず、道で会った人を連れて帰ってきたりとか。
でも凄いのは、路上やフェスなんかで歌を歌って、本当に外国人を感動させて涙ぐませるんです。
しばらくライプツィヒでのんびり休憩します。ではまた。
スポンサーサイト
  1. 2010/07/17(土) 03:14:50|
  2. 未分類|
  3. |
next